専業主婦の貯蓄術

専業主婦でへそくりを貯めるには
家計のやりくりと短時間の仕事や内職になってしまいますが
こどもが小さいうちは働きには出られません。

そこで、少しでも良いので
夫のお小遣いとは別に自分専用のお小遣いをもらいましょう。
こちらのお金は家計の方に入れないように注意しましょう。
でないと直ぐに無くなってしまいます。

毎月少しでも自分が使える金額があることで気持ちにも余裕が生まれますし
その一部をへそくりとして貯蓄しておくことで
急に現金が必要になったときに無理をしないで済みます。

専業主婦も家事という仕事をこなしている社会人と
考え個人の貯蓄を持つことは当たり前だと考えます。

自宅にいる専業主婦ならではの簡単貯蓄術として、
まず1か月分の生活費を大まかに計算しカレンダーの頭に記入します。
そして毎日カレンダーか手帳に
その日に買い物に使った金額を記入するようにします。

ちょっとした家事の合間に書き込むようにしましょう。
手帳なら買い物してすぐ袋に詰める前に書き込めます。

カード支払いと現金支払いは分けて記入したほうが良いです。
カードの使い過ぎがあればすぐに気が付くようにです。
そして、1週間ごと、1月ごと最終的に1年間の使った金額がはっきり分かります。

家計でやりくりして生活費から残ったお金は
こどもに使えるように別に貯蓄する事で急な出費にも対応できます。
こちらは家族で使い道を決められるお金としてオープンにしておきましょう。

専業主婦